高性能・高生産性アプリケーションフレームワークによるポストペタスケール高性能計算の実現

PPCプロジェクトでは100PFLOPSから1EFLOPSクラスのスーパーコンピュータを対象とし、システムソフトウェアの最重要課題である「並列性の克服」、「信頼性」、「低消費電力化」の解決を目指した高生産性垂直統合型ソフトウェアスタックを研究開発しています。スケーラブルなマルチスレッド処理系を基盤としたアプリケーションフレームワークとして、自動並列化、自動チューニング、耐故障性、電力最適化等の各種ソフトウェア技術を透過的に実現することを狙います。本プロジェクトでは主に流体シミュレーションおよび分子動力学法を対象としてフレームワークを開発しています。

発表資料

  • 2011年3月キックオフミーティング発表資料 PDF
  • ISC2011展示ポスター PDF

お知らせ

ポストペタスケールコンピューティングワークショップ

8月31日に東工大にてポストペタスケールコンピューティングに関するワークショップを開催します。詳細はこちらをごらんください。

研究員・テクニカルスタッフ公募

研究員もしくはテクニカルスタッフ(エンジニア)を募集しております。詳細は公募ページをご覧ください。

丸山グループが理研計算科学研究機構(AICS)に移動

2012年度4月より研究代表丸山が理化学研究所計算科学研究機構に異動しました。その関係で、丸山グループも理研計算科学研究機構を拠点とすることになりました。

研究員公募

博士研究員を募集しております。詳細は公募ページをご覧ください。

ISC11

ドイツハンブルクで開催されたInternational Supercomputing Conference 2011にてプロジェクト紹介の展示をしました。ポスターはこちらからご覧いただけます。

ページ